SEA OF CLOUDS COURSE

雲海コース

  1. TOP
  2. モデルコース
  3. 雲海コース

三好市の雲海

吉野川沿いに立ち昇った霧が海となる、三好市の雲海。大歩危・吉野川や高知方面も眺望でき、雲海の鑑賞や撮影が楽しめます。

ポイント

雲海の観賞できる時間帯:日の出から朝7時半頃まで

雲海の発生頻度の高い時期:3月~4月、10月~12月

雲海の発生頻度の高い気候条件:前日との気温差が大きく、当日朝が快晴。

吾橋・雲海展望台コース

展望台からは大歩危・吉野川や高知方面も
眺望でき、雲海の鑑賞や撮影が楽しめます。

この展望台は2015年3月末に完成。それまで視界を遮っていた樹木を伐採し、その杉を利用して横6m、縦4mの展望ウッドデッキ(標高約599m)が完成。また、100mほど手前には木製手すりが整備されており、大歩危や西祖谷方面を見渡せる。
※展望台にトイレなし
※展望台に乗用車3台位のスペース有

住所
徳島県三好市西祖谷山村上吾橋
位置情報
33°52’18.8″N 133°46’47.7″E
マップコード
357 124 120*85
車の場合
総行程
約60分
井川・池田ICから国道32号(高知方面)→ 県道45号線 → 祖谷のトンネル入り口手前で右折(国見山入り口)→三叉路を右折(農免道路)→ 約2.5km(右手側)
※所要時間(目安)は参考数値であり、若干の余裕を含めております。
公共交通の場合
総行程
約00分
JR阿波池田駅から四国交通バス(大歩危経由かずら橋行)バス停「JR阿波池田駅前」乗車→バス停「尾井の内下」下車。徒歩約1時間。或いは、JR大歩危駅で上記バスに乗車。
※JR大歩危駅からタクシーで約15分。
※所要時間(目安)は参考数値であり、若干の余裕を含めております。

国見山登山口コース

剣山山地から石鎚山脈まで、
四国山脈をぐるりと見渡す大展望は、
まさに国見山の面目躍如!

祖谷渓と大歩危峡に挟まれて堂々とした山体を横たえる国見山(標高1,409m)。展望はほぼ360度。登山適期は4月上旬から11月下旬。特に11月は絶景もの。
※登山口駐車場から山頂まで約1.9Km(徒歩約50分)。
※登山口駐車場にトイレなし
※登山口駐車場に乗用車10台位のスペース有

住所
徳島県三好市西祖谷山村田ノ内
位置情報
33°53'39.9"N 133°47'54.9"E
マップコード
357 186 844*75
車の場合<奥小歩危温泉経由>
総行程
約80分
井川・池田ICから国道32号(高知方面)→(大歩危で)左折して県道45号線(祖谷のかずら橋方面)→ 祖谷トンネル入り口手前を右折 →三叉路を左折(後山方面へ:直進すると吾橋方面)→ 上って下り始めた頃に看板有り、左折(看板表記は行き止まり:直進するとかずら橋方面)→次の三叉路を左折(右折は本当の行き止まり)→ 約10分で国見山登山口に到着。
※所要時間(目安)は参考数値であり、若干の余裕を含めております。
公共交通の場合
総行程
約00分
JR大歩危駅から市営バスでかずら橋行、バス停「峠」下車、バス停から登山口まで徒歩約60分
※JR大歩危駅からタクシーで約30分。
※所要時間(目安)は参考数値であり、若干の余裕を含めております。

アザミ峠コース

雲海が眺望できる数ある地点でも、
日の出と雲海のコラボが見える
絶景スポット!

標高970mの眺望の良い峠です。視界が良ければ、遥か眼下に吉野川や大歩危橋が眺望できます。
※峠の広場には避難小屋、児啼爺発祥の地の石柱がある。
※駐車場にトイレなし
※駐車場に乗用車10台位のスペース有

住所
徳島県三好市山城町西宇
位置情報
33°53'25.2"N 133°43'29.0"E
マップコード
207 205 170*40
車の場合<奥小歩危温泉経由>
総行程
約30分
国道32号線から「とびの巣峡」へ入る → 約5km → 左折(奥小歩危温泉前を上り道)→ 一本道、約5km→ほぼ頂上に出る →右折して数百メートルで広場(=撮影スポット)
※所要時間(目安)は参考数値であり、若干の余裕を含めております。
車の場合<山城町平(藤川谷川沿い)経由>
総行程
約30分
国道32号線ホテルまんなかから藤川谷に入る→約5km、平バス停留所で鋭角に右折上り→(看板あり)左折(右折すると行き止まりで平田さん宅へ)→(看板あり)右折→広域林道(小川平線)に合流したら、右折→[2~3km]数百メートルで広場(=撮影スポット)
※所要時間(目安)は参考数値であり、若干の余裕を含めております。
※奥小歩危温泉経由の方が分かりやすく走りやすいです。