TOURIST SPOT・EXPERIENCE

觀光景點‧體驗

  1. TOP
  2. SPOT
  3. 觀賞
  4. 医家神社
北部
觀賞

医家神社

祭神は「大国主神(おおくにぬしのかみ)」と「少彦名神(すくなひこなのかみ)」で、例祭は10月17日で前日も併せて神輿(みこし)の渡御と稚児行列が行われる。毎月1日が「月次祭(つきなみさい)」。元旦祭、夏祭り、大晦日には除夜祭が行われる。境内社が5社あり、南側の階段入口鳥居の左に「手水舎」が、右に「百度石」があって、西側境内地に5角形の「地神塔」がある。
祭神のうち「少彦名神」は「少名昆古那神(すくなびこなのかみ)」とも言われる。少彦名神は医薬の神様とされ、神話では体の小さい神様で、大国主神と協力して国づくりを行い、のち常世国(とこよのくに=遥か遠くにある不老不死の国)に帰ったとされる。
医家神社はよく「イゲジンジャ」と言われるが、正しくは「イケ」と濁らず言う。

基本信息

所在地
三好市池田町マチ2287
停車場
交通
JR阿波池田駅 徒歩10分